バチェラー3視聴の感想と考察②岩間氏が女性受け悪すぎの件

f:id:hotaru-mm:20191205115838j:plain

こんにちは、主婦ブロガーmyme(マイミー)です。

アマゾン・ジャパン制作のリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン3』。
最終話が2019年10月25日に配信され、その衝撃の結末に大きな反響を呼んでいます。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

衝撃の結末
  1. ファイナルローズを渡した水田さんと1か月で破局(放送開始前にすでに別れていた)
  2. もともと大本命だったけど結局ローズを渡せなかった岩間さんと交際開始

という内容。

すごい展開ですね…

SNSで「バチェラー」と検索をすると、大多数の人が「バチェラー最低」「岩間さん
性格悪すぎ」といった、バチェラーと岩間氏への非難の声の嵐でした。

私はたくさんの非難の声を見て、正直かなりビックリしたのが本音です。

中には、バチェラーや岩間氏ご本人のSNSに批判コメントをしている方も散見され、いやいや、ちょっと待てよと。
もちろん賛否両論あるのが当たり前ですし、二人を祝福しろとは言いません。

が、バチェラーそして岩間氏は果たして非難轟々袋叩きに合うまでのことをしでかしたのか…?
本記事では、岩間氏へ焦点を当て、彼女が非難轟々袋叩きに合う要因を考察していきたいと思います。
※あくまでmyme個人的な意見であることをご理解した上でご覧ください。
視聴中は特別「〇〇推し」といった女性参加者はおらず、あくまで客観的な視点で視聴していたつもりです。
また、「参加者がSNSでネタバレ投稿をしていた」等の炎上理由もありますが、SNS投稿に関しては番組側の管理上の問題も関係している可能性があるので考察からは除外します。

『バチェラー・ジャパン3』の視聴はAmazonプライムビデオで♪

Amazonプライム会員【30日間無料体験】はこちら

とにかく女性受けが悪い岩間氏

黒髪が似合う色白美肌美人の岩間氏。
エピソード1でのファーストインプレッションローズを手にしたのも彼女で、バチェラーは確実に岩間氏の外見や雰囲気が好みだったと推測できます。

そんな岩間氏は、割と序盤の頃から女性受けが良くない印象がありました。
実際MCである指原氏は、「岩間さんはいちばん女だ」「岩間さんをかばう男性が嫌」等の発言をしており、何かと岩間氏への当たりが強かったです。

SNSでは、岩間氏への指原氏の見解に対し「超わかる!」「さっしーが言いたいこと全部言ってくれてスッキリする!」といった声で溢れており、世の大多数の女性がそもそも岩間氏へ良い印象を持っていなかったことが分かります。

岩間氏が女性から嫌われる要因

岩間氏は視聴していた限り、話し方はいたって普通で、特別”ぶりっ子”とか、他の女性がやっていたお色気アピールとか誘惑とか、目立った行動はしていませんでした。

なのに、選ばれてしまうんです。

ファーストインプレッションローズで1歩リード、最初のツーショットデートで2歩リード。

え、なんでこの子ばっかり?

可愛いからじゃん!
結局見た目かよ
男はああいう清楚系の見た目の子に弱いよね
腹黒そう
口角下がってるから性格悪そう

特に何もしていないのに選ばれる岩間氏は、羨望の目で見られるわけです。
努力してないのに、アピールしてないのに、ずるい!!と言わんばかり。

ちなみにこれらの岩間氏への風当たりは、MCである指原氏の発言も大なり小なり(いや、かなりの影響力で)関わっていると思います。

司会者で唯一女性の指原氏は、女性側のご意見番のようなポジションでした。
その指原氏による「岩間さんはいちばん女だ」「難しい人だ」という見解は、視聴者の岩間氏への何とも言えない沸々とした感情を確実に負の感情に変えたと思います。

あれ?でもこれといって「悪いこと」してなくないか?という疑問

バチェラーが「ファイナルローズでの選択ミス」、「水田氏交際中に岩間氏に会いに行く」といった過ちを犯しているのに対し、岩間氏はどうでしょう?

ファイナルローズ前のデートで岩間氏はバチェラーに対し、「恋愛感情なのかわからない」といった意味深な発言をしました。

これに対し岩間氏否定派の意見は、「だったら辞退すればよかったのに」でした。

ですが、『バチェラー・ジャパン』という特殊な環境で、一人の男性と向き合い、距離を縮め、かと思えば他の女性とのデートを見せつけられては自信を無くし…

岩間氏だけはなく、バチェラーも他の女性陣もたくさん悩んだと思います。
逆に、最初から「友永さん好き~!」と言うタイプの女性の方が、違和感を覚えます。

岩間氏はエピソードの中盤で、「自分の過去の恋愛は自分を偽って、無理をして失敗してきたことが多かった、今回はそのままの自分でいたい」的な発言をバチェラーにしていたシーンがありました。

それに対し、「恵は恵のままでいい」的なことを返したバチェラー。

岩間氏は今回の『バチェラー・ジャパン』の撮影においては、思ったことは言おうと決めていたのではないでしょうか。

それが「恋愛感情なのかわからない」だったり、「どういう好きなのかわからない」であったり。
確かに、これは”駆け引き”や”かまってちゃん”だと思われてもおかしくはないです。
ただそれを判断するのはバチェラーであり、視聴者が「性格悪そう!」と決めつけるのは少々強引ではないかと思いました。

水田氏との交際中の出来事とバチェラーとの交際

もし、岩間氏の方から連絡をとり会っていたならそれは大問題です。
しかし、エピローグでは「バチェラーの方から岩間氏に連絡を取り、何度か断ったのち交際を開始した」と述べています。

「え~、本当は岩間さんが誘惑したんじゃないの~?」等の推測は確かにできます。
ただしあくまで推測であり、バチェラーにも岩間氏にも水田氏にも会ったこともない視聴者は本当のところは何もわからないのです。

水田氏との破局後のバチェラーとの交際に関しての世間の反応は、

「自分のことしか考えてない」
「あゆ姉の気持ち考えたら普通付き合えない」
「人としてどうかと思う」

等々、厳しい意見が相次ぎました。

少々疑問に思ったことがあります。
一対一でしか結ばれない恋愛をする上で全員が一遍に幸せになることなど不可能なのではないでしょうか。

バチェラーの女性参加者は友達作りのために参加しているわけではありません。
リアル婚活サバイバル番組です。

バチェラーに再度交際を申し込まれ、岩間氏にも気持ちがあるなら、交際するのは極めて当然のことかと思います。

「じゃあなんで恋愛感情なのかわからないとか言ったの~?」

はい。
これは岩間氏本人にしかわかりえないことですが、その時の正直な気持ちだったのではないでしょうか。

 

3代目バチェラーと最終的に結ばれた岩間氏。
バチェラーを圧倒的な美貌で魅了しながらも、自己アピールは控えめでした。
時には意味深なことを言ってバチェラーを惑わせてみたり…
バチェラーが”追いかけたくなる女性”だったのではないでしょうか。

『バチェラー・ジャパン3』の視聴はAmazonプライムビデオで♪

Amazonプライムビデオ詳細ページはこちら

以上、『バチェラー・ジャパン3』視聴の感想と考察②~岩間氏~でした。