バチェラー3視聴の感想と考察①非難轟々のバチェラーを評価したい点

f:id:hotaru-mm:20191205115744j:plain

こんにちは、主婦ブロガーmyme(マイミー)です。

アマゾン・ジャパン制作のリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン3』。
最終話が2019年10月25日に配信され、衝撃の結末が大きな反響を呼んでいます。

※以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

衝撃の結末
  1. ファイナルローズを渡した水田氏と1か月で破局(放送開始前にすでに別れていた)
  2. もともと大本命だったけど結局ローズを渡せなかった岩間氏と交際開始

という内容。

す、すごい展開…!!

SNSや番組の口コミでは、大多数の人が「バチェラー最低」「岩間さん性格悪すぎ」といった、バチェラーと岩間氏への非難の声の嵐でした。

私はたくさんの非難の声を見て、正直かなりビックリしたのが本音です。

中には、バチェラーや岩間氏ご本人のSNSに批判コメントをしている方も散見され、いやいや、ちょっと待てよと。
もちろん賛否両論あるのが当たり前ですし、二人を祝福しろとは言いません。

が、バチェラーそして岩間氏は果たして非難轟々袋叩きに合うまでのことをしでかしたのか、考察していきたいと思います。
本記事では3代目バチェラー・友永氏に焦点を当て、考察していきます。

※あくまでmyme個人的な意見であることをご理解した上でご覧ください。
視聴中は特別「〇〇推し」といった女性参加者はおらず、あくまで客観的な視点で視聴していたつもりです。
また、「参加者がSNSでネタバレ投稿をしていた」等の炎上理由もありますが、SNS投稿に関しては番組側の管理上の問題でもあるので考察からは除外します。

『バチェラー・ジャパン3』の視聴はAmazonプライムビデオで♪

Amazonプライム会員【30日間無料体験】

バチェラーは確かに色々やらかしている

実家での家族に対する態度だったり(意見を求めたにもかかわらず逆切れ?笑)、中川氏への強制送還だったりと、前作までのバチェラーと比較すると、幼稚で自由奔放な面が目立ちました。

最大の過ちはファイナルローズでの選択

色々ありますが、最大の過ちはエピソード10でのファイナルローズの選択です。

彼を擁護する余地は少しだけあります。
ファイナルローズを渡す前のデートにて、大本命の岩間氏から「恋愛感情なのかわからない」といったニュアンスの、彼にとってはショッキングな発言をされてしまいました。

彼としては、「仮に岩間氏にバラを渡しても受け取ってもらえないのでは?」といった懸念が生まれ、かつ最後まで残った水田氏への想いも本物で、また、家族3人が揃って水田氏を推していたといった背景も合わさって、悩んだ挙句、水田氏を選んだのではないかと考察しました。

ですが、彼が本当に大本命だったのは岩間氏でした。
これは彼自身がいちばん分かっていたこと。

岩間氏がリムジンに乗り込む姿を見ながら、

「めぐみー!!めぐみーー!!」

と叫んだあの行動からも明らかです(しかも水田氏の前で…笑)。

振られてもいいから、カップル不成立でもいいから、大本命の岩間氏にバラを渡していたら、必要以上に水田氏を傷つけることはなかったのです。←ここが一番重要

SNSで批判コメントをしている方の多くは、「水田さんかわいそう」といった水田氏擁護派。

ファイナルローズで水田氏が岩間氏に普通に敗れていたら、今回の炎上は生まれなかったと思います。

水田氏との交際中に岩間氏に会いに行った

嫌ですね。交際中に別の女性と会われるのは。
バチェラーは「けじめをつけに行くため」という理解し難い目的で、岩間氏と連絡を取り彼女と再会します。

そして間もなく水田氏と破局。

う~ん。もともと好きだった女性に直接会っちゃったら、気持ち戻りません?

案の定、その後岩間氏と交際を開始します。

この件に関しては、「キッパリと水田氏と別れた後に岩間氏に会いに行った」であったら、問題はなかったかと思います。

 

バチェラー、擁護の余地ないやん…とも思ったのですが。

全て包み隠さず報告したことは評価したい

バチェラーは、最終話放送終了までは岩間氏を想いながらも水田氏と交際し、その後別れて、ほとぼりが冷めた頃に岩間氏とひっそりと交際を開始することも可能だったわけです。

その選択を取らずに、「番組放送前に水田氏と別れ、岩間氏と交際を開始しその事実をありのままに番組で報告する」という勇気のある行動をしたことは事実です。

この行動に対して、「幼稚だ」「自分のことしか考えていない」「最後まで責任をもって水田氏と向き合うべきだった」等の意見をSNS上で多数見かけました。

ですが、「心は岩間氏にあるのにも関わらず水田氏と交際を続ける」、それこそ不誠実だと個人的には思います。
精神的な浮気です。

ただただ水田氏には酷な話ですが、放送終了までとりあえず交際を続けられるよりは、1か月という短い期間で破局した方が、まだ傷は浅かったのでは?と思います(この辺は水田氏にしか分かりえない感情なのであくまで推測)。

バチェラーはある意味、とても””な人なんだと思います。
良い人ぶることをせず、自分の気持ちを包み隠さず、全世界に配信される番組で報告したのです。

いや、もしかしたらそれすらも気にしないくらい自己肯定感MAXのお方なのかもしれません。笑

 

3代目バチェラー・友永氏。
確かに色々やらかしてます。
失態もさらしています。
とはいえ、番組のコンセプトである”リアル婚活サバイバル番組”を体当たりで魅せてくれたのではないでしょうか。

『バチェラー・ジャパン3』の視聴はAmazonプライムビデオで♪

Amazonプライム・ビデオ商品詳細ページ

 

以上、『バチェラー・ジャパン3』視聴の感想と考察①~バチェラー編~でした。